4コマ漫画を導入するまで

2016.12.11

5d0d554b6966f5d26216ee1c4edcce81_s

(ネットショップを作る!)そう決めて、始めたことがあります。自分のブログを作って記事を発信していくことです。それまでの私はブログはもちろん、フェイスブック・ツイッター・インスタなどSNS関係には距離をおいてきました。SNSどころかスマホも持っていませんでした。HP作成を相談した制作会社の方に、「今はPCではなく、多くの人がスマホで検索し、スマホでネットショッピングをしているんですよ」とその数値データとともに説明を受けました。すぐにスマホに切り替えました。そして自分がネットで発信したことがどのように響くのか響かないのか、反応を知っておこうとブログを発信し始めたのです。

最初は日常的に感じたこと(だけど誰かに「そうそう!」って思ってもらえそうなことや知ってなるほどと思ってもらえそうなこと)を中心に発信し始めました。

ブログを作ると、アクセス件数や検索キーワードなどが確認できます。いいねやコメントはもらえなくても、どのくらいの人がブログを見てくれたのか・どんなキーワードで入ってきてくれたのか、などです。どんな表現が人の気持ちに入りやすいのかを考えるようになりました。

そんな中、面白いブログにも出会います。私のお気に入りは文章ではなく4コマ漫画でした。いい年(超えた)の大人ですが、あまりに面白く一気に読んだりもしました。子供の頃には漫画本でしか読めなかったこんなにおもしろい漫画が無料で読み放題なことにも軽く衝撃をうけました。

そして自分が開くネットショップでもこんなに長く楽しんで欲しいなと思うようになったのです。「ネットショップ=商品説明&販売」だけではなく、ネットショップの中でリラックスして楽しんでもらえたら商品にも馴染んで頂きやすいかな〜と考えたのです。

たまたまお気に入りのブログ主の方が同じエリアにお住まいだということを知り、コンタクトを取ってみました。(この方にネットショップの4コマを作って欲しいな〜・ネットショップのロゴや商品デザインを描いてほしいな〜)そう思ってそっとアプローチしてみました。

最初にお会いする時に意識していたことがあります。それは自分の身元と立ち位置を明確に伝えるということです。私はその方(この先Pさんと呼びます)のブログを全部読み、イラストや文章力・お人柄や考え方を理解し、とっくに親しく感じています。ですがPさんから見ると私はどこの誰だか(ファンなのかストーカーなのか詐欺師なのかとさえ)思われるかもしれません。私がどこの誰で、何をしてきて、現在何を考え何をしている立場なのかを一気にお伝えしました。同時に作っていた見積もり書をお渡ししました。描いて欲しいロゴ・デザイン・イラスト・4コマ、それぞれに期限と金額を入れたものをお見積書として説明を加えお渡ししたのです。「お願いします」ということではなく、「ご検討いただきたい」というスタンスです。(返答はご検討後で大丈夫です)と逃げ場を作って怖がられないよう(!)十分留意しました。

Pさんはとっても慎重な方だと拝見しました。私としては(こんな金額でお引き受け頂けるものなのかしら)ということが心配で仕方なかったのですが、Pさんご本人は(私にこんなことが出来るのか)ということが心配だったそうです。そんな不安気な表情のPさんになんとかリラックスして信用していただけるように最大限に心を配りました。

そして後日、(こんな感じでいかがでしょうか)とイラストを頂けるようになったのです。

私はブログを発信してもそれほど読者を惹きつけることはできないと悟っています。Pさんの描く4コマブログには1000人近い読者がいらして、固定のファンもいらっしゃいます。私が主導権を握るよりもPさんの自由な発想で描いてくださる方がずっと人の心に響くと思っています。なのでPさんが好きに気ままにそのままに描いて頂けるように、ほとんどおまかせ状態で4コマ漫画を描いてもらっています。ひと月にふたつ、4コマ漫画をアップするようにしました。

毎月4コマ漫画をアップすることでショップ自体を楽しんでもらえるかなと考えているのです。

→4コマ漫画「ハチさんと仲間たち」はこちらですf